税理士を始めたい人に知って欲しいこと

税理士を始める

税理士の仕事の役割について

税理士になるための税理士試験は、国税庁によって年に1度実施されています。 専門性の高く、合格率は10〜20%ですが、5科目同時に合格しなければならないわけではありません。 試験自体は難しいですが、長期的なスパンで計画を立てていけば、合格は可能ではないでしょうか。

続きを読む

税理士試験を受験する

日本で生活をする上で多くの税金を支払う必要があります。
会社に努めている方はともかく、フリーランスで働いている場合はこうした税金に関する申請を自分で行わなければなりません。
しかし税金の法律は複雑ですよね。
こうした税金の納税をサポートしているのが、税理士の仕事です。
税理士は税理士事務所で勤務していることが多いですが、個人事務所や企業を任される場合も多いようです。
税理士には、税理士のみに許されている「独占業務」があります。
租税に関し1.税務代理(納税者の税金の申告を代理・代行)、2.税務書類の作成(税務官公署に対する確定申告書や相続税申告書などを作成)、3.税務相談(税金の計算などの税に関する相談)を行うことです。
会社員ならば、毎月の所得税や住民税など会社から支払ってもらえますので、あまり縁はないかもしれませんが、個人事業主や企業では、毎年の確定申告では苦労しているのではないでしょうか。
確定申告によって税金の額が決まるわけですから、とても重要です。
税務書類の作成や申告は専門知識も必要となってきますので大変な作業ですので税理士に依頼すれば、書類の作成や税務署へ申告も代行してもらえます。
個人ではその他に遺産の相続税や不動産取得時なども相談にのってもらえます。
また、税理士は、企業での経営相談や会計業務なども担当しています。
企業のコンサルタントをして顧問契約を結び税務処理や経営のアドバイスを行っています。
節税対策や経費節減など企業での収益を伸ばすために必要不可欠な存在といえるでしょう。

税理士の仕事の現状は?

少し前まで税理士業界は、税理士の数も少なかったため、競争することなく順調に独立開業できていましが、今は新規開業が厳しい環境です。 税理士の数が増えて顧客が減少しているのが、現状です。 しかし今は、広告活動が自由化になり、選択肢も増えてきています。

続きを読む

専門分野に特化したサービス

税理士といっても、カバーする業務範囲は多岐にわたっています。 税理士の競争は激しくなっているといわれますが、それぞれ得意分野が異なりますのでそれをいかして、顧客のさまざまなニーズに対応し、特定の専門分野に特化した質の高いサービスを提供していきましょう。

続きを読む