税理士を続ける為に | 税理士を始めたい人に知って欲しいこと

税理士を始める

専門分野に特化したサービス

経営コンサルティングやマーケティング

従来の税理士は、税法だけで営業できていました。
しかしこれから生き残るには、単なる記帳、申告書の作成だけでなく、会計コンサルティングや節税対策、事業継承や金融機関の融資などの資金調達・企業での株式公開のアドバイスなど様々な経営コンサルティングをすることです。
企業の成長をサポートをすることによって他社と差別化を図っていくことが大切となります。
そこには専門知識や経験を充分に発揮することができますし、どの企業からも求められる分野になります。
また、企業が売り上げをあげるためには、マーケティングを重視した戦略が必要となります。
経営においてのアドバイスのためにきちんと勉強して身につけておけば重宝されるようになるのではないでしょうか。

専門性の高い知識を身につける

生き残る税理士になるために、専門性の高い分野を持つことが必要になります。
国際税務は、2つ以上の国が関わりますので、語学力が必要となり高度な専門知識が必要なうえグローバル化が進んでいる現代では需要は増えていきそうです。
相続税についても少子高齢化から増えていくのではないでしょうか。
会社の合併・会社分割などの組織再編税制、連結納税等など競合が少ない分野を身に着けていきましょう。
最近は、何か専門分野に特化した事務所も増えているようですよ。
また、AIなどのシステムを制御できる技能を身につけるのも重宝されるかもしれませんが、反対に人だからできるコミュニケーションを強化することによって信頼関係を築くことがより必要となるかもしれませんね。


この記事をシェアする